おうちでイタリアン⭐︎ お肉料理レシピ

シェフがおかわり⭐鶏のソテーカレー風味Pollo saltato al curry

【画像】おうちで作るシェフがおかわりした鶏のソテーカレー風味⭐︎

イタリアのレストランでお世話になっていたシェフ

そんな彼がおかわり!

めったにお昼ごはんを食べないけれど

 

一度だけおかわりをしてくれたメニューがある

それがこちらのメニュー

 

もうね、ほぼチキンカレー

一体何が刺さったのかわからん…笑

 

 

ちょっとした小噺 piccola storia

イタリアのレストランでまかないを担当していた

クオーコ
ほぼ毎日朝と夜に作ってたよ…でもめちゃくちゃ楽しかった!!

 

キッチン業務だともちろんお腹はすくけれど

試食やらなんやらでそれなりのお腹がふくれる

 

だからキッチン戦士は

まかないをあまり食べない人もいる

 

ボクが働いていたリストランテのシェフもそうだ

あまり食べない

 

でも一度だけおかわりしてくれたことがある

それが“鶏のソテーカレー風味”

ゆきち
うん、もはやカレーだ笑 でも煮込まない感じのカレーソテーってことで

 

そう、なんのことはない、カレー風味で焼いた鶏w

でもなぜかこのまかないだけは、おかわりしてくれた

 

なんでやろ…?笑

まぁおいしかったということに!笑

 

でもホントは鶏の柔らかさとスパイシーな味わいが良かった

そう褒めてくれた♪

 

オサレな感じにしたので

すごく簡単なのでぜひ一度作ってみて♪

 

必要なモノ ingredienti

鶏300gくらい

じゃがいも2個

にんじん1本

玉ねぎ1個

カレー粉大さじ2

白ワイン大さじ2

小麦粉適量

バター10g

塩・こしょう適量

オリーブオイル適量

 

材料はほぼカレーでしょ?笑

 

あらかじめ準備しておきたい preparazione

じゃがいも、にんじんを1cm角切りで5分茹でて、ざるにあけておく

みーこ
後で加熱するので、少し固めでいいよ!

玉ねぎを1cm角切りにして、炒める

鶏もも肉のスジや固いところを取っておく

 

作り方 procedimento

①鶏を60gくらいの大きさにカット

②鶏に塩・こしょうをしてカレー粉をまぶす

③カレー粉をまぶした鶏を小麦粉でお化粧する

④フライパンにオリーブオイルを敷いて皮目から焼いていく

※粉がついているので焦げないように注意

⑤ひっくり返して裏面も焼く

※皮目を8割、裏面2割くらいが目安!

⑥フライパンから鶏を出して休ませておく

⑦白ワインを入れてアルコールを飛ばす

⑧玉ねぎ、じゃがいもとにんじんを入れて蒸すように加熱

⑨鶏を乗せ、水分を補うため少しだけ水を入れる

⑩バターを入れてとろみが出てきたら完成!お皿に盛り付けよう!

ココがポイント

お皿の淵にカレー粉、全体的にパセリのみじん切りを振るとオサレに!

ホントにシンプルなまかない飯だけれど

これだけはシェフがおかわりする笑

でも間違いなく言えるのは

我々日本人もめちゃくちゃ大好きな味わい♪

 

いつものカレーもいいけれど

一度鶏ソテーから始めるカレーを試してみてね

 

あと、今回はカレー粉で簡単に作ったけれど

スパイスを配合しながら作るとオリジナル感倍増になる

 

クミン1.5g

ガラムマサラ1.5g

カイエンペッパー1g

カルダモン1g

こんな感じで作ってもGOOD!

 

もちろんスパイシーミックスでも

よし次はこれをやってみよう!

 

おいしい配合を見つけるぞ!

そしていいのがあったら教えてくださいね笑

-おうちでイタリアン⭐︎, お肉料理レシピ

© 2021 いちサラリーマンのおうちイタリアン