お肉料理レシピ

豪華なひと皿⭐牛肉のタリアータTagliata di manzo

【画像】おうちで作る牛肉のタリアータ⭐︎

おうちで牛肉を焼いて食べる時

やっぱり柔らかく食べたい

元々柔らかければいいけれど

部位によっては固いので

あの手この手で対策をする

 

筋を切ったり

叩いたり

いろいろな方法がある

 

今回は牛の肩ロース肉

舞茸を使ってマリネし

牛肉を柔らかくいただこう♪

ゆきち
お肉が舞茸パワーでほんっっとに柔らかくなるよ!

 

 

ちょっとした小噺 piccola storia

牛肉のタリアータとは

切るという動詞Tagliareから来ていて

 

Tagliataとは切られた

そんな意味合い

 

レストランによって

また人によって

タリアータって全く違うものになるけれど

 

なんとなく

サラダに牛肉乗せてます

そんなイメージでいいかと笑

クオーコ
実際イタリアで食べたのはそんなタリアータがほとんどだったよ!

 

見た目も豪華で

とっても映える料理なので

 

ぜひおうちではホームパーティや

ちょっとした記念日なんかにいいかも♪

 

手数が多く見えるけれど

実際にはお野菜にステーキを乗せるイメージで大丈夫!

 

とっても簡単♪

 

必要なモノ ingredienti

牛肉200gくらい

サラダほうれん草2わ

プチトマト3個

舞茸50~80g

じゃがいも1/2個

パルミジャーノレッジャーノ10g

粗塩適量

こしょう適量

オリーブオイル適量

 

パルミジャーノレッジャーノは削りたてがたまらない♪

ぜひかたまりから削ってみよう!

 

あらかじめ準備しておきたい preparazione

サラダほうれん草をカットしておく

舞茸をほぐしておく

じゃがいもをくし切りにして下茹でしておく

※お好みの形でOK♪

 

作り方 procedimento

①牛肉をほぐしておいた舞茸で包む

②ジップロックに入れて牛肉を室温に戻していく

ココがポイント

牛肉を焼く時は室温に戻しておこう!冷たいままだと火入れのバランスがおかしくなっちゃう

柔らかくな~れ~!と祈っておこう笑

③時間がきたら牛肉を取り出す

④グリルを熱してオイルを塗り、牛肉、舞茸、じゃがいもにも軽く塗っておく

⑤十分に熱したら順番に焼いていく

もう美味しそう…!笑

⑥両面焼いた牛肉、舞茸、じゃがいもを少し休ませておく

⑦お皿にサラダほうれん草を敷き、じゃがいも、舞茸、半分にカットしたプチトマトを散らす

⑧カットした牛肉をきれいに並べる♪

⑨粗塩を振ってパルミジャーノレッジャーノをスライスして散らす

⑩完成!

ほんっっと舞茸で柔らかくなるので

ぜひ一度お試しを!

 

今回は岩手県の伝統工芸品

“南部鉄器”でグリルしたけれど

 

もちろんフライパンでも大丈夫!

お皿は大きめに

豪快に盛り付けよう♪

みーこ
パーティが一気に華やかに♪柔らかお肉で盛り上がろう!

-お肉料理レシピ

© 2021 いちサラリーマンのおうちイタリアン